忍者ブログ
ぱ た ぱ た
[751]  [750]  [749]  [748]  [747]  [746]  [745]  [744]  [743]  [742]  [741
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4/13(日)    
日中はだらだらと寝て過ごし、夜になってからテレビを見たり、小説を書いたり本を読んだり。
今、深夜2時。雨の音がしている。

日々、淡々と仕事や運動をこなして、毎日少しずつでも小説書いて、がつがつ本読んで・・・
そんな風になれる精神力と体力が欲しい。

執筆
少し。トータル文字数:25141

読書
桐野夏生「ローズガーデン」
人の薄暗い心の闇をのぞく連作短編集。
歌舞伎町の雑踏を、心を重くしながらも淡々と歩く感じ、その空気感が良かった。

DVD
花より男子 vol.3
やっと借りられました! 道明寺の真っ直ぐさに顔がもにょる~ヾ(*´∀`*)ノ

てくてくエンジェル de てくてくウォーキング
歩数:1221/ 距離:0.7km / 体重/体脂肪(1/5比):+1.1kg/+2.5%
東海道コース~沼津を通過 ヮ(゚д゚)ォ!
ゴールまで、あと376.4km!

PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
本の物語 04232008
 小説はとどのつまり人間を描く。主人公の生きざまだけでなく、ひととひとが織りなす関係をみつめていく。ある出来事を切っ掛けにして、男と女、親子、家族、友との濃淡のあるつながりがいかなるものか、ストーリーをからませて繊細な感性で迫っていく。  それをハード、濃厚に陰影、悪意も見逃さずに、あるいは極み、深みへと触手を伸ばす作家もいる。山本文緒、岩井志麻子、桜庭一樹、田口ランディ、山田詠美、中山可穂、男性なら天童荒太、山田宗樹あたりか。  あっさりとやり過ごし、けして露わな形にしない稀な小説家...
URL 2008/04/22(Tue)19:31:41
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
しおにん
性別:
女性
職業:
会社員。でも休職中。
趣味:
空想・妄想
自己紹介:
鬱って休職5ヶ月目。
「小説家になりたい!」
夢見がちな31歳。
東京、一人暮らし。
しょこたん☆らぶ。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © ちょうちょのゆめ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]